バイオマスの研究


グループ会社「珈琲貴族エジンバラ」で使用済みの珈琲の粕(かす)を使ったバイオマスの研究を、国立大学法人東京農工大学 銭研究室と共同で行っています。再生可能なエネルギー資源であるバイオマスは、エネルギーだけではなく、石油の代わりに様々な化成品の原料となり得えます。現在、バイオマスは燃料、電力、化成品・中間体等を作り出すバイオリファイナリが注目されています。当社では、珈琲豆の粕を、高付加価値のある物質に変換する研究を行っています。

研究担当者:白井 久一/Hisakazu SHIRAI(執行役員)

(現在までの基礎研究論文発表)
One-pot production of 5-hydroxymethylfurfural from cellulose using solid acid catalysts
Hisakazu Shirai, Saki Ikeda, Eika W. Qian
Fuel Processing Technology Volume 159, May 2017, Pages 280–286

Liquefaction of Lignocellulosic Biomass in Protonic Solvents
Hisakazu SHIRAI, Hirokazu ARIGA, Eika Weihua QIAN
日本エネルギー学会誌、Vol. 93 (2014) No. 6 p. 548-554

Effects of Si/Al ratio and Pt loading on Pt/SAPO-11 catalysts in hydroconversion of Jatropha oil
Ning Chen, Shaofeng Gong, Hisakazu Shirai, Toshitaka Watanabe, Eika W. Qian
Applied Catalysis A: General, Volume 466, 10 September 2013, Pages 105-115

●Reaction of Tetralin with Tritiated Molecular Hydrogen in the Presence of Noble Metal Catalysts.
W. Qian, Hisakazu Shirai, Masahiro Ifuku, A. Ishihara, T. Kabe,
Energy & Fuels, 14 (6), 1205-1211 (2000).

PAGE TOP